【AGA治療はAGAクリニックへ】クリニックをおすすめする理由がわかります。

AGA(男性型脱毛症)

AGA治療をはじめる前は「本当に毛が生えるか?」「薬を使うみたいだけど大丈夫か」なんて思いませんか?

AGAと診断されて治療を始めたら、かなりの高い確率で薄毛は改善されます。

薄毛対策って治療方法やら、育毛剤などインターネットで様々な情報が飛び交っております。

だいたいは薄毛を克服できます!と謳われていて、全部ではありませんが

まったく効果が出ない方法や物があります。

本記事を読んでもらえると以下の気になることが解決できます。

育毛剤での薄毛治療の効果

髪を増やすにはあまり意味のない育毛にお金を投資するべきではない

本記事でわかること

・無駄な育毛にはあまりお金をかけない

・治る根拠のない薄毛対策はハッキリ言って無駄に終わってしまう

・育毛と正しく付き合う

・AGA(男性型脱毛症)はAGAクリニックが一番

筆者紹介

UUTAN(Twitterはこちら@uutan2020)

毛髪診断士兼美容師です。18年間髪の悩みを解決してきました。自身もAGAになり、AGAクリニックにて治療、見事髪がもどりました。その後、色々な髪型に挑戦したくかつらも装着。現在もAGA治療とかつらの併用をして、髪の悩みを解決しました。髪や頭皮で悩んでいる方は、是非一緒に解決していきましょう。Twitterで直接質問してくださっても構いません!

おすすめはAGAクリニックでの治療

地域別|AGAクリニック

無駄な育毛方法にはあまりお金をかけないこと

薄毛に悩むとまず、インターネットやドラッグストアで「育毛剤」「育毛シャンプー」などを購入して使った経験がある方も多いと思います。

しかし結果は・・・

育毛剤や育毛シャンプーでは薄毛を改善することは不可能

最初から結論を言えば、育毛剤や育毛シャンプーだけでは薄毛の改善は不可能です。

脂漏性脱毛症や頭皮が一時的に荒れていて、それらが改善した場合は薄毛は戻ることがありますが、前頭部から頭頂部にかけての薄毛は、これらを使用しただけでは改善できません。

しかし育毛剤や育毛シャンプーが全面的に悪いわけではなく、頭皮環境を良好に保つためにはシャンプーは必須、育毛剤も今ある髪に栄養を与えることは悪ではないので、一概にダメというわけではありません。

ここでいう薄毛の改善には役に立たないということです。

では、なぜ「育毛剤」や「育毛シャンプー」では改善できないかというと

発毛に対しては科学的な根拠がまったくないということです。

インターネットショッピングやドラックストアでは、これら商品を使用すればあたかも「髪の量が元にもどる」「薄毛改善」など薄毛が治るってしまうような雰囲気をかもちだしてますが、実際は科学的根拠がまったくないため改善には期待できないという事です。

AGAという診断であれば、AGA治療でしか薄毛の改善はできません。

あくまでも「育毛剤」「育毛シャンプー」は

髪や頭皮を清潔に保ち、髪が生えやすい環境を整える事

が大きな目的と言えましょう。

育毛剤では髪が生えません

育毛剤では髪が生えない理由は、発毛に対しての有効成分が入っていないからです。

発毛に対しての有効成分とは

・フィナステリド

・ミノキシジル

この二つの成分が重要で、これらの成分が入っているか確認してみましょう。

治る根拠がない薄毛対策は控えめに言って無駄になります。

よく宣伝文句で「直ぐに実感できます」「使った人の喜びの声を紹介」など使われていますが、薄毛に対してとても気にしている方は、すぐに釣られてしまう文言です。

こうして無駄な育毛剤や育毛シャンプーなど買ってしまいがちになりそれらを繰り返してしまうんですよね。

「新しい今度の商品は、きっと効果があるんだろう」「これは凄い!絶対に効果があるだろう」

今まで使っていた商品がまったく効果が実感できなくても、新しく発売されると何となく効きそうな商品を見つけると、自分で謎の肯定をしてしまい、淡い期待を抱いて次々と永遠に育毛剤や育毛シャンプーを買ってしまいます。

この何となくという部分が薄毛の弱みに対して付けこんでくるのが広告です。

でも実際にこれらを使っても髪が今よりモリモリ増えることはないし無駄なので、やめてしまいましょう。

育毛剤について書いた記事です。気になったらご覧ください。

育毛剤や育毛シャンプーに記載されている「医薬部外品」「化粧品」」とは

育毛剤やシャンプーなど一般的なケア用品は薬事法に基づき「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のいずれかに分類されています。

これらを具体的に見ていきましょう

■医薬品

治療を目的としたいわゆる「薬」のことです。厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたもの。

医師の処方やドラッグストアなどでも購入できる大衆薬などあります。ワセリンや保湿外用剤などスキンケアに用いられています。

■医薬部外品

厚生労働省が許可した効果や効能など有効成分が、一定の濃度で配合されているのが特徴。

一般的に「治療」ではなく「防止」が目的として作られていることが多いです。

例・・・肌荒れをを防ぐ  日焼けでシミ・ソバカスを防ぐなど

■化粧品

医薬部外品より、更に効能や効果が緩和的で、わかりやすく言えば「清潔にする」「健やかに保つ」などが目的とされていることが多いです。

本記事で言う育毛剤は「医薬部外品」とされているため、髪の生える効果は保証はできないということです。

育毛シャンプーも効果を期待しては無駄

育毛シャンプーで髪が生える!という雰囲気の商品は山ほど出回っています。

シャンプーの目的は

・頭皮や髪の汚れを取り、フケや痒みの発生を抑えること

これが全てであり、決して薄毛が治る事ではありません。

先ほどの章での分類で言えば

・育毛シャンプー 「医薬部外品」

・一般的なシャンプー剤 「化粧品」

こんな感じで分類されています。

育毛シャンプーは「医薬品」として販売してません。

つまり、発毛としての効果は期待できないという事です。

医薬部外品として分類されているシャンプーは厚生労働省が認可した有効成分が一定量配合されていますが、髪が生えてきますという保証がありません。

育毛シャンプーや薬用シャンプーとは、売り手が買い手に「髪が生える」「髪に効く!」と髪に良さそうな響きを与えて購入させているというのが現実です。

筆者も昔買ってました・・・

最初にも書きましたが、育毛剤やシャンプーは全て悪ではなく、正しい目的や正しい効能が分かった上で購入し使用することはダメではないので勘違いしないようにしてくださいね。

頭皮ケアや頭皮マッサージの効果はあるか?

頭皮ケアや頭皮マッサージでは薄毛の改善はできません。

しかし、頭皮ケアや頭皮マッサージをおこなうと、特に他人にしてもらうと気持ち良いし、頭もスッキリリフレッシュできるので、こちらも意図が分かった上で行うには何も問題ありません。

あくまでも、薄毛が改善するという目的でやることは無駄になります!ということです。

頭皮マッサージとシャンプーを融合したシャンプー方法を伝授します。

別記事に書きましたのでご覧ください。

育毛サプリメントも髪が生えない 残念

育毛サプリは気軽に始めれるので、使ってしまう方も多いと思ってます。

またうたい文句も絶妙で、薄毛の心に響くため飲み始めてしまいます。

・決められた分量を飲むだけ

・誰にでも簡単に手間もかからず薄毛対策ができます

・面倒な事は一切なく、簡単に続けられます。

育毛サプリメントも発毛に対しての根拠はありません。

多くの育毛サプリメントとされている成分は「ノコギリヤシ」というもので、このノコギリヤシに含まれる亜鉛は育毛剤にも含まれていたりします。治療効果はありません。

一般的にサプリメントは、普通にバランスの良い食事とそれらを補うために作られていて、薄毛のサプリメントはそれらと同じです。

発毛・育毛サロンで髪は生えるか

生えません。筆者も体験済みなので断言できます。また筆者のサロンにも育毛発毛サロンに行って無駄にお金を使ってしまった方もいらっしゃいます。

お金を無駄にしてしまった記事を書いてますので、ご覧ください。

育毛や発毛サロンでは医療行為は不可能です。

白衣を着ているので、医者っぽい感じですが医師ではありません。

育毛や発毛サロンの問題点は「コストが相当かかり、しかも効果が皆無」

国民生活センターなど育毛サービスの苦情や相談が年間1000件ほどあるとされています。

相談に行く方で1000件ほどですが、行かない人も多いと思いますので、実態はもっと多いでしょう。

■トラブルの一例

・解約を申し出ても解約に応じない

・解約金が膨大で解約しても意味をなさない

・改善が一向にみられない

・高額な商品を強力にすすめられ断れない

育毛発毛サロンへ現在考えている方は、情報をみてもらい再考してください。

しかし効果を知っていて幾分には特に問題ありません。何ならヘッドスパや頭皮の汚れはしっかり取り除けるので気持ち良くなり、スッキリします。

ここまでのまとめ

色々な薄毛対策方法を見てきました。しかし発毛効果がある育毛はありませんでした。

では、どうしたら髪を生やすことが出来るか?薄毛の悩みから解放されるか?です。

このあとは薄毛改善方法を紹介します。

自分の髪の毛を復活させるにはAGAクリニックでの治療が最短です。

薄毛の悩みを改善するには、二つの方法があります。

一つはAGA治療、もう一つはかつらを装着する方法の2択です。

ではAGA治療から見ていきましょう。

AGA治療とは

薄毛で悩む約9割はAGA(男性型脱毛症)が原因とされています。

このAGAを治療するには2つの方法があります。

①一般的な皮膚科での治療

②AGAクリニックでの治療

①一般的な皮膚科での治療

一般的な皮膚科でも治療ができます。

しかし、AGA治療に関しては知識や経験、実績があまりないため不十分といえます。

皮膚科はAGA治療より、他の皮膚疾患が多いためです。

基本的には「プロペシア(フィナステリド)」だけの処方が多く「ミノキシジル」は処方されない場合が殆どです。

■AGA治療とは

抜け毛を抑え、発毛を促進する事です。

プロペシア(フィナステリド)の効能は簡単に一言でいえば「抜け毛を防ぐ」ことです。

一般的な皮膚科では、抜け毛を抑えるだけの薬なので効果はありますが、現状維持といったところがいいところです。

筆者も最初皮膚科でプロペシアのみで治療をしてました。抜け毛は抑えることができましたが、髪があまり増えませんでした。

最初はどうしても知識が不足してるので、偏った治療方法になってしまいますよね。

一般的な皮膚科で治療を行うメリットは

・コスト

これにつきます。効果は遅かったり、あまり効果的ではないというのがデメリットとなります。

②AGAクリニックでの治療

AGAクリニックで治療する方は「安心して治療を任せられる」「効果が期待できる」ことが最大のメリットです。

何と言っても専門なので、「安心」が約束されます。

一般的な皮膚科だと治療経験が少ないので、AGA専門のクリニックが安心して任せられるます。

AGAクリニックといっても看てくれるのは医師免許をもった医師なので、治療の経過や副作用が出た際の対応など安心できる材料です。

■AGAクリニックのカウセリングは基本無料です。

AGAクリニックとはいえ、相談は無料のところが殆どです。

最初、無料診断を行ったうえで患者の希望に合わせてプランを選べるので、個人個人にあった治療法が出来るのもメリットの一つでしょう。

何よりも結果がでます。

本記事の結論ですが、

AGA(男性型脱毛症)を治すならAGAクリニックがおすすめです。

とにもかくにもまずは無料で相談診察ができるので、安心してください。

無料で診察しても、必ず治療を受けるわけではなく、無料診察を行ってから始めるかどうか決めることができるので安心してください。

おすすめはAGAクリニックでの治療

地域別|AGAクリニック

ううたん

毛髪診断士 美容師
ウイッグ(かつら)を愛用している美容師
現在かつらとAGAの二刀流。今の治療に出会うまで、たくさんのお金を無駄にしてきました。
こういった経験を元に現在のキャリア毛髪診断士でたくさんの
髪や頭皮のお悩みを19年解決してきました。
この「育毛の学校」では、今までのキャリアを活かして皆さんのお悩みを解決していきたいと思います。
質問や相談があれば、是非ご連絡お待ちしております。

ううたんをフォローする
AGA(男性型脱毛症)髪の悩み全般
ううたんをフォローする
UUTANBLOG「育毛の学校」AGAかつら体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました